スポンサーリンク

【感想】異世界おじさん 3巻 おじさんの能力の秘密と藤宮さんにせまる謎の男と勇者の正体

2019年11月3日

当ブログはその性質上、どうしてもネタバレを含みます。そんなの嫌だ!という方は十分に注意して読んでください。

 

あらすじ

異世界帰りのおじさんは甥っ子たかふみとその友人藤宮との何気ない会話から、異世界へと飛ばされた初日の記憶を振り返る…。ついに明かされる衝撃の事実とは…? 大反響異世界ヒロインバグりがちコメディ第3巻! bookwalker作品紹介より

というお話です。作者は殆ど死んでいるさんです。

登場人物

おじさん:17歳の時から17年間意識不明で突如目覚める。異世界では基本ソロだったと言うが、最近のおじさんはどう見てもリア充。この3巻ではおじさんに授けられた特殊能力の正体も少し明らかになる。

たかふみ:おじさんの甥。おじさんと共に暮らしている。3巻ではおじさんの手助けにより能力を少し借りる。

藤宮:たかふみの幼馴染。たかふみの事が好き。3巻では、なにやら謎の男に言い寄られる。

ツンデレエルフ:今のところ本名は不明。おじさんハーレムの一員。おじさんの事が醜悪な化け物に見えているはずだがおじさんの事が好き。おじさんのストーカー。

メイベル:凍神剣の使い手。おじさんハーレムの一員。ニート気質のダメ人間。おじさんの事が醜悪な化け物に見えていない可能性がある。

感想

深まる異世界の謎と広がるおじさんハーレムと謎の男

はい!というわけで今回紹介するのは『異世界おじさん』の3巻です!メガドライブミニコラボなんかもやったりしてますます絶好調です。どんどん人気が出てアニメ化とかしたら嬉しいなと思うんですが、権利的にヤバイんでしょうか。

でもセガなら。セガならやってくれるはず。と思うんですが、あのマサルさんですらロボピッチャではなく架空の名前になった事を思うと厳しいのでしょうか。

2巻の最後でメイベルの告白により『メイベルの一族は日本から転移してきた者の子孫である』という事が判明しました。なかなか衝撃の引きから始まる3巻です!

メイベルの一族

おじさんが凍結魔法で封印されている間に語られていた衝撃の事実。

どうやらメイベルの一族の先祖は日本からやって来た転移者だそうです。このおかげか、もしかするとメイベルにはおじさんの顔は普通の人間の顔に見えている可能性があります。

ツンデレエルフさんが『人間の顔に見えているのか』と聞くのですが、返答が無かったのでどうなのかわかりませんが。でも、どっちにしてもそんなに納得出来る顔でもないような・・・。まぁいいんですけどね。

そして、メイベルによって語られる一族の物語。

氷の一族の開祖は約400年前の日本の武士っぽい人だそうです。400年前というと1600年代。安土桃山時代から江戸時代に移り変わるあたりです。

『ニホンバハマルでの大戦闘で命を落とした騎士』という事らしいので、この時代に起きた大きな戦闘といえば1600年に関ヶ原の戦いがあるので、その時の武士ですかね。

だとすると有名な武将の可能性もありますが、メイベルのご先祖として実在の武将の名前を出すのかどうかは不明です。

そして異世界に転移してきた武士は転生特典として『神殺しの力』を望み、神から凍神の剣を与えられます。

そこからは

こんな感じ。

邪な心では扱えない凍神剣をもらって知恵の祠で一般常識や言語を習得したあと、村の巫女とねんごろになって人の愛を知り凍神剣の封印を解いて魔炎竜を退治。

子々孫々剣を受け継いでいく。という流れ。

ちょっと謎が深まったりして、面白ギャグ漫画とファンタジー漫画との間をフラフラとする感じですが、この漫画のキモは『全てはおじさんの過去の話である』という事であり、おじさんの記憶を辿って秘密や謎に気付いたとしてももうすでに干渉できない。というところ。

しかもここからおじさんが帰ってくるまでまだ結構年月があるんですよね。何してたんですかねおじさん。

おじさんの特典

で。このメイベルの告白を見ておじさんは『俺はそんなのもらってないんだけど』という事に気付きます。

その辺をもう一度詳しく知るために、おじさんがこの世界にやってきた直後まで記憶をさかのぼって見てみる事に。

そこで、おじさんがこの世界に来た瞬間の映像を見る事が出来ました。

自分の身体が謎の力によって異世界で構築されていく様を見たおじさん。

このおじさんのコメントから、おじさんはどこかで死んだ人を生き返らせる魔法を見た事がある。という事になります。という事は、当然誰かが死んだわけですが、それは果たしてモブなのか関係者なのか。

まぁそれが誰であれ最終的には生き返ったのだろうと思われるんですが、今後その場面が登場する事はあるんでしょうか。めっちゃ気になる。

そして記憶をさかのぼった事により明らかになった事は

  • なぜか神様はおじさんに中国語で話しかけていた
  • おじさんが手に入れた能力はおそらく『翻訳』である

という事。なんで中国語やねん。

ここでついに異世界の人達とコミュニケーションを取る事に成功するおじさん。これで、これでやっとわかりあえる・・・。

異世界ナイトメアモード。あまりに悲しい。ところで、そのメイベルのご先祖様とやらはオーク顔に見えたんでしょうか?その辺も気になる。

命の値段

人語を解する希少なオークとして売られたおじさん。その値段は銅貨3枚。ちなみにたわしの値段が銅貨120枚だったのでたわしの1/40の値段です。悲しすぎる。

そして、この映像を見て『思い出した』おじさんとたかふみは鼻血を出します。どうやら、忘却魔法で忘れた記憶を思い出すとこんな作用が出る模様。

あのメモ帳に書いたおじさん本人はともかく、たかふみも結構がっつり読んでた感じがするので、これから色々思い出していくことでしょう。

見世物小屋の店主に売られ、そのまま1週間忘れられるという目にあうおじさん。たわしより安かった事は忘れてもここを忘れないあたりおじさんの悲しいの基準がわかりません。

この牢屋生活の中で、おじさんはついに自分の能力を使って光の魔法に目覚めます。

これほんとその当時に気付けてたらもっと色々可能性あっただろに、今さらなぁ・・・。と最高に悔やみそうです。俺なら。

その『翻訳』の能力を使い、光の精霊に呼びかける事で魔法を使えるようになったおじさん。そこで生み出した光の剣で魔獣相手に一晩中無双を続けました。

せやろか?

魔毒竜討伐

異世界生活9日目。魔毒竜との戦いが始まるっ・・・!

果たしてどんなバトルが繰り広げられたのかと思いきや、なんと一撃でドラゴンを倒したおじさん。

『漫画だから』って言われたらそれまでなんですが、よくもまぁ18年も前の事を覚えてるもんだなぁと感心します。俺そんな昔の事なんか全然覚えてないわ。

そして、ここでついにツンデレエルフと出会います。

自分を助けてくれたのが醜悪な顔のオーク(に見える)という事で感情がバグったりもしましたが、ここからツンデレエルフさんのストーカーな日々が始まっていくのです。

おじさんのハーレム生活が始まる

そこから話はまたギューンと先に進み?戻り?凍結封印された後の話になります。

凍結封印されてからおじさんがどのようにして復活したのか?という話になり、その様子を見てみると・・・。

どこがソロ活動やねん!

こんな両手に花感を味わった事ある人なかなかいませんよ。おじさんの取り合い。

こんな美味しい目にあっているにも関わらず、異世界では基本ソロだったと主張したおじさん。ホントここから何があったんでしょうか?

一応、ここまでで

  • 異世界初日にオークの亜種として狩られ
  • そこから1週間忘れられ
  • 9日目に魔毒竜を倒し
  • そこから3年後に越冬祭(2巻参照)にエルフと一緒に参加する

くらいの時系列で物語は描かれています。越冬祭からさらにいくらか時間が進んでいる感じではあるものの、まだあと10年以上残っているわけで、その間何があったのか気になりますね。

改めて自己紹介

おじさんをめぐってなんやかんやあったものの、とりあえず翌朝。改めて自己紹介をする事になった3人。その場でおじさんは2人に名乗ります。

はい。これから彼の名は『ウルフ・ガンブラッド』です。ちなみにエイリアンソルジャーというゲームの登場キャラです。おじさんの愛した人が登場するゲームです。

自己紹介をすませ、チームを組むのかと思ったら組まなかったりで、おじさんは今近くにいるという勇者をやらを見に行く事に。

その途中でアホみたいにでかいハリネズミと戦ったり、また現実世界ではおじさんの能力の名前が決まったりしました。

そしてたかふみに訪れる運命の時・・・。

スマホを忘れた藤宮さんを追いかけ、おじさんと共に空を飛んで藤宮さんの大学にむかったたかふみ。そこで、知らない男に言い寄られる藤宮さんを目撃。

果たして藤宮さんとその男との関係は?

異世界の方では、勇者の以外な正体が判明して3巻は終了!

おじさんの能力の正体だったりツンデレエルフとの出会いが明らかになりました。

ちょっと前にも書きましたが、ここから後10年くらいあるんですよ?大丈夫かなぁ。変なところで終わったりしないようにしてほしい。

最初からおじさんの設定が考えてあったのか、それともライブ感で進んでいってるのかどっちなんでしょうねぇ?

おじさんがどうして現実に戻ってくる事になったのか凄い気になる。個人的には、異世界で死んだら現実に戻ってくる。みたいな設定で、実はおじさんはまだ異世界でやり残した事があってみんなで異世界にもう1回行く。

みたいな流れとかいいかなと思うんですが。それでは4巻をお楽しみに!

画像:「異世界おじさん」コミックス3巻より引用

 

おまけ

公式から公開されたのでウワサのCMのロングバージョンを。こうして『中身よりCMが注目されてしまう』というところが実にセガの系譜という感じがします。せがた三四郎的なやつ。

web連載分を読む

2019年10月現在では、1~5話と3巻の続きになる19話が読めます。

スポンサーリンク