スポンサーリンク

【感想】まちカドまぞく 4巻 闇堕ちと動物園と枯葉色のお弁当と呪い

2019年11月30日

当ブログはその性質上、どうしてもネタバレを含みます。そんなの嫌だ!という方は十分に注意して読んでください。

 

あらすじ

宿敵だった魔法少女を、一時的とはいえ眷属にすることに成功し、闇の女帝への小さな一歩を踏み出したシャミ子。まずはせいいき桜ヶ丘を治めるべく部下を増やそうとするが、転校してきた魔法少女・ミカンの呪いが暴走する事件が起こり…!? bookwalker作品紹介より

というお話です。作者は伊藤いづもさんです。

登場人物

シャミ子:3巻にて自分と桃の姉である桜との重要な関係を知る。最近アルバイトを始めました。

千代田桃:頭の謎アクセサリーが黒い色に変わる。一時的にシャミ子の眷属になったりもしました。武器がかっこいい。

陽夏木ミカン:呪われている事を除けばかなりまともな部類の人。実家の稼業の関係で柑橘狂。使い魔が物騒。触れると死ぬ。

リリス:温泉好きで寂しがり屋なシャミ子のごせんぞ。長生きしているだけあって結構頭脳派の常識人。魔法少女は脳筋の過激派ばかりなのに対して結構温厚。まずは話し合いから入れるタイプ。

リコ:シャミ子のバイト先『純喫茶あすら』の従業員。まぞく。作る料理が美味しいが怪しい物ばかり。空気の読めなさには定評がある。

店長:純喫茶あすらの店長。どうみてもパグ。飲食店の店長をやっていていいのか疑問ではある。

感想

ついにシャドウミストレス(闇の女王)として動き出すシャミ子

はい!というわけで、今回紹介するのは『まちカドまぞく』の4巻です!アニメも好評に終わり、関連グッズも売り切れが多いようで、良い事なのか悪い事なのかわかりませんがとにかく人気はあるようです。

アニメの2期があれば嬉しいので頑張れシャミ子。の眷属。

ちなみにミストレス(mistress)とは女主人とか主婦、女王や女性の支配者などの意味がある言葉だそうです。1つ賢くなりました。

シャミ子の夏休み

桃の姉の事やら色々あって、少し闇の使命に目覚めたシャミ子の素敵な夏休みの日記がこちら。

左上のイベントはかなり激熱なんですが、何気に右下のイベントもなかなかヤバイですよね。

このブログだけ見たけど原作は読んでない。という人はいない・・・かどうかわかりませんが、3巻の内容を知らないと何があったのか気になってしょうがないですよね。

割と食に対する耐性が常人をはるかに凌駕するタイプのシャミ子に記憶を失わせるとは何事か。

とまぁそんな感じで、普通のJKが過ごす夏休みにはとても見えないので、ちょっと無理してるんじゃない?いくらなんでもこの夏休みはヒドくない?と心配した杏里ちゃんの気遣いによって、ふいに1日オフになったシャミ子。

しかし。

1人で1日オフになってもなんだか気持ちが晴れないシャミ子。寂しいとかかわいい。バイト先のリコに言われて浴衣を着て夏祭りに行ってみるも、やはり1人では楽しくない。なんかモヤモヤする。

もう帰ろうかと悩んでいるところに、放送で呼び出しがありミカンと桃と合流。

楽しい夏祭りを過ごしましたとさ。

シャミ子の背中の謎竹刀と、なにそれすごい。と言いたくなる桃の謎テクニックがポイントです。

なつやすみのしゅくだい

夏休みの課題を前に終わらないと頭を悩ませるシャミ子。一方、それとは対照的にハナからやる気が1ミリも無い脳筋魔法少女。

巧みな話術で課題を回避しようとしますが、まじめ系まぞくに説得され課題をする事に。

個人的に、なんというか桃は最初はもっとだましだまし騙してたというか、変化球で丸め込んでたような気がするんですが、この辺から躊躇なく丸め込もうとしようとするので面白いです。

『違法なサビ勉を無くす為に筋トレやランニングをして戦うべきでは?』という、怪しい屁理屈に惑わされそうになりましたがなんとか回避。

そんなわけで課題スタート。まず最初に挑戦するのは作文。テーマは『私の将来の夢』

基本的にはシャミ子がやらせようとして、それに文句を言う桃。という図が多いわけですが、今ここだけ見てると初々しい百合カップルがキャッキャウフフしてるように見えますが、これがあと10年後とかになると

「あんたホンマ何しても文句しか言わんな!」

と喧嘩になる未来が見るようです。気をつけないといけません。

結局グズグズ文句を言い続ける桃相手に折れて、作文は保留に。続いて日記に挑戦します。

「日記はやりたい人だけやるやつでしょう?」

と聞く桃に対して

「私はやったので印象的な日だけ埋めましょう」

と誘導してきたシャミ子が書かせようとした日記がこちら。

 

 

はいここ!ここ!超かわいい!闇堕ち記念日にこだわるシャミ子尊い!!

もうここだけ紹介したら4巻はいいかな?(よくない)

結局、店長がシャミ子にくれた『動物園のVIPチケット(トラの赤ちゃんと触れ合える特典付き)』に釣られて本気だす魔法少女。さすが56562。

さらに桃のリクエストとして『シャミ子が本気で作ったお弁当を食べてみたい』と。

なんか、まぞくがどうとかいう日常ほのぼの漫画を読んでたはずなのに、どうしてこんなにイチャチャした話を読まないといけないんだぜ?

途中『シャミ子の課題が終わらない』という信じられないハプニングがあったものの、なんとか終わりました。

動物園へ

というわけで『シャミ子の本気弁当』の試作第1号が完成しました。

 

あふれ出る昨日の残り物感。

 

色合いが地味なのを気にするシャミ子。まぁ確かに色も地味だけど、なんというか・・・オカズのラインナップが・・・。あのジャンク飯大好き魔法少女にこれがウケるかどうかは非常に怪しい。

で、この話のタイトルに#CC9966くらいの色合いとあります。これは色指定コードなわけですが。

こんな色です

はい地味。

ちなみに、このブログともまちカドまぞくとも全然関係無いんですが、ちょっと昔に『料理を作るブログ』をやってた事がありまして、その記事の中で『おべんとうばこの歌のお弁当を作る』というのをやった事があるんですけど、それがこんな感じのお弁当でした。

動物園に行く時に持っていくには少々華が無いですよね。

というわけで、シャミ子1人ではお弁当センスが足りないのでバイト先のリコに協力してもらう事に。

途中店長が『お空に虹色の葉っぱがたくさん見えるようになる料理』をリコに食べさせられる。などの悲しいハプニングがあったものの、なんとか無事完成。

せっかくやし、綺麗な箱に詰めよう。とリコが言い出すもお店にあった重箱は4,5人用。このままでは余ってしまいます。

と、いうわけで。急遽メンバーが増える事になりました。

 

そんなわけで当日。

「今日は楽しんでいきましょう!」

と元気のいいまぞくに対して・・・。

『圧で潰されそう』ではなく『擦りつぶされそう』という表現なのがいいですね。生々しいというか、単純な圧ではなくゴリゴリする感じなんでしょうね。

果たして、動物たちと行く動物園は楽しいのか!脳筋の心のダムは崩壊してしまうのか!!

桃、メンタルに重大な爆弾を抱える

楽しかった?動物園も終わりとある日の朝。

起きてしばらくすると、なんか自動的に闇堕ちしました。

なぜかこの姿では魔力の制御が上手くいかず、このままでは魔力を使い果たしてコアの状態になってしまう!

これは大変な事なので、急いで解決策を探すシャミ子達。果たして桃は無事光の魔法少女に戻れるのか!

それから

で、これで4巻の半分くらいです。他には

  • シャミ子、ようかんの怨念に追いかけられる
  • ミカンの家にGが出る
  • シャミ子、夢の中で3万体のごせん像を倒す

などなどのお話が収録されています。

そしてなにより4巻のメインは。

ミカンの呪いと戦います。

巻数的にも話のキリの良さ的にも2期はここまでかな?これが最終回1話前くらいで、最終回はアニオリも交えた話になるのかな?

あったらいいなぁ。というわけで、きになったらぜひ読んでみてください。

画像:「まちカドまぞく」コミックス4巻より引用

 

おまけ

もう終わっちゃったんですけどね!アマプラとかでもまだまだ見れるので、まだ見た事無い人はぜひ。

もし面白いと思って頂けたなら、Twitter等で拡散やコメントいただけるとめちゃくちゃ喜びますのでどうかお願いします。

スポンサーリンク