スポンサーリンク

【感想】上野さんは不器用 5巻 狭いロッカーに押し込めらえて人口が増えちゃうかもしれない

2019年11月3日

当ブログはその性質上、どうしてもネタバレを含みます。そんなの嫌だ!という方は十分に注意して読んでください。

 

あらすじ

祝☆TVアニメ化決定!! 大好きな後輩・田中を振り向かせるため、涙ぐましい努力(?)を続ける上野さん♪ 上野さんをよく知る新部長が現れたり、科学部の3人の出会いを描いた過去エピソードも登場! ますます大人気のポンコツラブコメ最新刊★ bookwalker作品紹介より

というお話です。作者は tugenekoさんです。

登場人物

上野さん:科学部3年。オーバーテクノロジー系女子。たぶん、本気を出せば田中を惚れさせる道具くらいは朝飯前で作れる。それをしないあたりプライドが高い。

田中:科学部2年。双子の妹がいる。ビックリするほど鈍感でデリカシーが無い。そういえば、上野さんの関係者以外で友達を見た事がないので、科学部外では浮いているのだろうか。

山下:科学部1年。5巻では、まだ中学生ではなかった頃の山下も描かれる。『円』の使い手(ウソ)

感想

ついに明らかになる科学部3人の過去!!

というわけで今回紹介するのは『上野さんは不器用』の5巻です!これを書いている今は既刊6巻までなのでもうすぐ追いついてしまいますね。新巻が楽しみ。

そして上記のように、ついに3人の過去が明らかになるお話もあります!

と言っても明らかになったからなんだというわけでもないんですけどね。

では紹介していきましょう!

上野さんの尻を撫でる

と突然部長にせまられたので、とりあえず頭を撫でる田中。でもなぜかキレられました。

本当はお尻を撫でて欲しかったらしい部長。普通に考えればわかるだろ。って言われてもですねぇ。わかんないですよ。

というわけで、お尻を突き出してくる部長。なんなんでしょうかこの人は。欲しがりめ!俺が中2で俺が田中ならもう夢に出るくらい触りたおしてやりますのに!

と、そんなわけで今回のアイテムがこちら。

その名も『R.Tパンツ』です!ヒトが持つ心の手に対し絶対拒絶領域を展開することで装置に接触しようとする意思そのものを否定出来る!

という、これまでの発明に比べればなんぼかわかりやすい説明。ようはアレですよね。アレ。ATなんとかみたいな。まぁそっちも原理はよくわかんないんですけどもN。

これを装着されていると、触ろうとしてもなぜかそこに触れなくなる。という不思議アイテム。この装置があれば接触行為による一連の性犯罪が成立しなくなる。

その意思は被害者のみに留まらず、実質的に加害者すら救済してしまうのだ!という事らしいです。なるほど変なハンコよりは効果がありそう。触れないし。

そんな謎フィールドを展開する上野さんのお尻vs田中。世紀の対決勝つのはどっちだ!!

本当にセクハラは防げてますかね?

胸パッドの柔らかいお餅を食べる

ある日の放課後。いつものように部室に行くと、僕以外の2人がなんか美味しそうなお餅を食べてました。

この田中。性欲はあまり無い感じですが食に対しては結構貪欲というか、食べ物には結構食いつきます。

で、当然僕にもくださいよ!ってなもんで上野さんに催促します。

ダラララララララララ・・・。と、妙に長い口でのドラムロールと共に上野さんの胸部から取り出したお餅がこちらになります!

その名も『モチブラン』です!

謎の職人による匠の技巧で作られた柔らかお餅をパッド部として採用。装着内部環境を最適な状態に保つ特殊な編み方を採用した事で・・・。

お餅の品質は保証されております!!

という事だそうです。個人的にこのお餅の凄いなぁと思う点は、品質が『特殊な編み方により』保障されているというところ。ずっと肌に接触していたお餅の品質が、どうしてブラの編み方で保障されるのか?不思議でなりません。

ちなみにパッド以外のブラ本体も茹でれば食べられるそうです。エコ!!

でもまぁ1日人肌に密着してたような食べ物だし、間接キスすら完全に拒否する田中がそんな気持ち悪い物食べるわけが・・・。

まったく躊躇なく食べようとする田中。

どうやら本当に柔らかいお餅が大好きなようです。まぁ俺が中2で田中ならちょっと匂いとかかいだ後にがっつり食べるけどね。その後「なぁ。もう1個あるやろ?」とか言っておかわりもらうけどね。

当然拒否するだろうという前提で話を進めようとしていた上野さんはもうパニックです。食べろと言い出しといて全力で阻止。

パッドのお餅を食べたい田中。食べられると恥ずかしい上野さん。

そんな恥ずかし思春期の2人の綱引きの行方は。

兄ちゃんが部活と称して大人の階段を登っていくのを見守る妹の図。

でもちょっと安心しました

体操部の依頼で昔に作った装置がどうやら故障したようで、体操部の部長からその修理依頼がきました。

その装置がこちら!

その名も『眼キュー』です!

まぁ、今回この装置がどんな装置かはあまり重要ではないので割愛しますが。

この装置を持ってきたのが新体操部の部長である東川(うのがわ)さん。東西南北の東担当。

これで東川さん、西原さん、南峰さん、北長さんの東西南北全員が揃いました。あと科学部の上野、田中、山下で上、中、下も。やったぜ。

『田中』ではなく『田中原』とかいう名前だったらより上中下感あったのになぁと思うんですが言いにくいですよね。

この回で、上野さんは昔新体操をやっててこの東川さんはその時代に一緒にやっていた人である事が明らかになるわけです。これまでの話でも披露してきた結構なボディバランスの秘密がここに。

しかしこの東川さん。なぜか妙に上野さんに対してのボディタッチが激しかったり、なれなれしい。

このように、上野さんの体に触れながら、やれお腹がブヨブヨだの身体がたるんでるだの言いたい放題です。

そしてついに、それを横で聞いていた田中が一言物申す!

「お二人って・・・。そういう仲なんですか?」

これに対して東川さんは

「そういう仲だぞ」

と返します。どういう仲やねん!

でもそこで田中は止まりません。親しきに仲にも礼儀あり。人の身体的特徴に対してあんまり言うのはよくないのでは?と熱弁しますが・・・。

人の事をセクハラ呼ばわりして注意しといて自身は核をぶっぱなす非道ぶり。

いくらなんでも思春期の女子相手にこれはヒドイ。マジでトラウマになる子だっているだろうよ!

ちなみに間違えた根拠は『一人称が僕だから』だそうです。そういえば俺リアルで僕っ子って見た事ないや。

そして真相を知った田中の感想は。

はぁぁぁぁ甘酸っぱい!キュンキュンするわ!!

人口が増えるかもしれない

上野さんが発明した怪しげなロッカー!なんとこのロッカー、物理的な破壊は理論上不可能というもはやドラえもんすら超えた感のある優れ物!

そして、このロッカーさえあればもしもハルマゲドンがあっても死ぬまで生きながらえる事が出来るのだ!

『死ぬまで生きられる』というなかなかの哲学の説明を受け、さっそくロッカーに2人で籠城する事になった。

果たして、人口は増えてしまうのか!!!!

俺が中2で俺が田中ならこんな事言われた後に狭いロッカーに入れられたらもうたぶん全身変な汗でネチョネチョになると思うわ。

で、結局チキンで何も出来なくて、一生『もしもあの時もう少し勇気を出していれば』と後悔し続ける思い出の引き出しになるわ。

と、こんな感じの5巻です。他にも俺の一押しの北長さん回も!色々な髪型になった北長さんが!見れます!!

はぁぁぁ!可愛い!最高ですよ北長さん。

まぁ俺と2回りくらい年齢離れてるんですけどね。思えば遠くに来たもんだ。ホント。なんだこれ。しょっぱい。

そして過去編。田中&上野さんと、山下の出会いです。なんというか、あぁ確かにこんな感じっぽいな。というお話です。

気になったらぜひ読んでみてください。

画像:「上野さんは不器用」コミックス5巻より引用

 

スポンサーリンク