最近の投稿

【感想】異世界おじさん1巻

2019年9月18日

当ブログはその性質上、どうしてもネタバレを含みます。そんなの嫌だ!という方は十分に注意して読んでください。

あらすじ

17年間の昏睡状態から目覚めたおじさんは、異世界からの帰還者だった……。甥っ子たかふみと共同生活を始めたおじさんが語る、新感覚異世界&異文化コメディ!

という漫画です。作者は『殆ど死んでいる』さんです。

登場人物

おじさん:17歳の時から17年間昏睡状態だったが目が覚めた。昏睡状態の間は異世界『グランバハマル』にいたらしい。圧倒的SEGA派。

たかふみ:おじさんの姉の子供。おじさんの魔法の力を知りYouTuberとしてデビューさせ、そのお金で食っていこうと考え同居。おじさんが原因の喧嘩で一家離散の経験を持つ。人からの好意に鈍感。

藤宮:たかふみの事が好きな幼馴染。自分が家賃を半分出す代わりにおじさんを切ろうとした経験の持ち主。

ツンデレエルフさん:とても強いモンスター(魔毒竜)に襲われていたところをおじさんに助けられる。おじさんは異世界ではオークのような醜悪な顔に見えるらしいが、それでもおじさんが好き。毎回報われない。どれだけフラグを折られても決して心を折らないタフな精神の持ち主。おじさんのストーカー。

メイベル:伝説の剣『凍神剣』の護り手の一族。おじさんが剣を使わずに魔炎竜を倒してしまった事により人生の歯車が狂い始める。

感想

あの伝説の漫画家尾田栄一郎さんもハマっている?っぽい噂の漫画異世界おじさん。

主人公であるおじさんは、17歳の時から17年間意識不明で、その間異世界グランバハマルに行っていた。というお話です。

いわゆる転生物ではありますが、悲しいかなおじさんは基本ソロプレイ・・・。となっておりますが、実際あんまりそんな感じがしない。

おじさんは人生のバイブルとしてSEGAのゲームから多くの事を学んでおり、基本人生の柱がSEGAのゲームです。

そんなおじさんが、意識を回復すると共に現実世界に戻ってきます。魔法の力を引き継いだまま。

物語は異世界時代のおじさんの記憶を魔法で見る。という形で進んでいきます。その合間合間にSEGAの話。

1巻では

  • おじさんが異世界人と出会い頭にオークの亜種と間違えられて狩られかけた
  • おじさんが水が湧き出る壺を作ったら村人に吊るされた
  • 年越しの祭りでボッチ飯だった
  • セガサ●ーンマガジンの最後の読者人気投票でガーディアンヒー□ーズが194位でブチ切れる話

などなど、おじさんの大活躍が見られます。

ちなみに、異世界おじさんとありますが、2019年時点でおじさんは35,6歳になるはずなので俺より年下です。悲しい。

おじさんと同じSEGA派として青春を過ごした俺としてはおじさんの気持ちは凄くよくわかるんですが、果たして現代人にどれほど通用しているのかと思わないでもないです。でも、話に出てくるメガドラのソフトはあんまりやった事ない。おじさんはアクション派。俺はRPG派なので相容れない。

最初出オチのギャグ漫画かと思ったのですが、段々風呂敷が広がってきてストーリー的にも面白くなってきそうなので、ぜひ読んでみてください。

他の巻も読む(カテゴリ一覧へ)

おまけ

個人的にはガーヒーの真骨頂は対戦にあると思ってますけどね。キャラもレベルも完全ランダムで友達と対戦やると凄い盛り上がる。自キャラのデブの村人が友達の天上神やらの画面全体マップ兵器に吹き飛ばされて、対戦が始まってから終わるまで一度も地面につかない。なんて事もザラ

bookwalkerで買う

スポンサーリンク