スポンサーリンク

【感想】異世界おじさん1巻 17年ぶりに目を覚ましたおじさんは異世界帰りだった!

2019年11月3日

当ブログはその性質上、どうしてもネタバレを含みます。そんなの嫌だ!という方は十分に注意して読んでください。

 

あらすじ

17年間の昏睡状態から目覚めたおじさんは、異世界からの帰還者だった……。甥っ子たかふみと共同生活を始めたおじさんが語る、新感覚異世界&異文化コメディ!

という漫画です。作者は『殆ど死んでいる』さんです。

登場人物

おじさん:17歳の時から17年間昏睡状態だったが目が覚めた。昏睡状態の間は異世界『グランバハマル』にいたらしい。圧倒的SEGA派。

たかふみ:おじさんの姉の子供。おじさんの魔法の力を知りYouTuberとしてデビューさせ、そのお金で食っていこうと考え同居。おじさんが原因の喧嘩で一家離散の経験を持つ。人からの好意に鈍感。

藤宮:たかふみの事が好きな幼馴染。自分が家賃を半分出す代わりにおじさんを切ろうとした経験の持ち主。

ツンデレエルフさん:とても強いモンスター(魔毒竜)に襲われていたところをおじさんに助けられる。おじさんは異世界ではオークのような醜悪な顔に見えるらしいが、それでもおじさんが好き。毎回報われない。どれだけフラグを折られても決して心を折らないタフな精神の持ち主。おじさんのストーカー。

メイベル:伝説の剣『凍神剣』の護り手の一族。おじさんが剣を使わずに魔炎竜を倒してしまった事により人生の歯車が狂い始める。

感想

SEGAと異世界とおじさん

はい!というわけで、今回紹介するのはあの伝説の漫画家尾田栄一郎さんもハマっている?っぽい噂の漫画『異世界おじさん』の1巻です!

主人公であるおじさんは、17歳の時から17年間意識不明で、その間異世界グランバハマルに行っていた。というお話です。いわゆる転生物です。

おじさんは人生のバイブルとしてSEGAのゲームから多くの事を学んでおり、基本人生の柱がSEGAのゲームです。

そんなおじさんが、意識を回復すると共に現実世界に戻ってきます。魔法の力を引き継いだまま。

そしておじさんの魔法を通じて語られる異世界での出来事。果たしておじさんの身にどんな事があったのでしょうか。

おじさん目覚める

物語は、おじさんが目を覚ますところから始まります。

冒頭がこんな感じから始まりますが、これいつも思うんですけどよく親族は17年も面倒見たな。と思ったり。

17年の昏睡から目覚めたおじさんの最初の一言は

イレルラーズ「グランバハマル」トナガルトエバ リレクス

でした。あぁ、これはかなりクレイジー。

17年ぶりに目覚めたおじさんの最初の言葉がこれだったら、かなりショックですよね。

もうどうしたらいいんだこれ。という気持ちになりますよ。

で。そんな突然目覚めたおじさんに会いに来たのはおじさんの甥である『たかふみ』でした。

17年ぶりに目が覚めたのに、会いに来たのがたかふみだけ。

なんとおじさんの処遇が原因でたかふみの家族は言ってはいけない事をボロクソに言い合ったあげく一家離散。ちなみにこのあと『うちのお母さんも正直会いたくないって』と続きます。

たかふみの母はおじさんの姉にあたる人物のようなので、おじさんは実の姉にも見捨てられた形。

親族的には完全にお荷物となったおじさんに『自立支援とかアレするための書類』を渡そうとするたかふみに対して、おじさんはなんと魔法を使ってみせます。

このおじさんの魔法を見て、たかふみは『おじさんの力を金にかえて食っていこう』と決意。おじさんの面倒を見る事にしました。

とりあえずはおじさんをyoutuberとしてデビューさせて6万ほど稼ぎました。

おじさんの異世界物語

『意識不明の間異世界にいた』とか言われても簡単には信じがたい事ですが、実際に目の前で魔法を見せられたので信じるしかありません。

そんなおじさんの異世界転生第一歩の思い出がこちら。

初めて出会った人間にオークの亜種として狩られかけてボコボコにされます。あまりに悲しい。

おじさんが行った異世界では美男美女が多いらしく、おじさんの顔は『魔物のように醜い顔』として認識されるそうで、おじさんはこれから行く先々でとりあえず襲われる異世界生活を送る事になります。

そんなおじさんの異世界生活を『記憶を空中に投影出来る魔法』とかいう凄い便利な魔法で見るたかふみとおじさん。

まず、おじさんがとある干ばつに悩む村のために『水が湧き出るツボ』を作った時の話。

現実世界での知識を活かし、異世界の魔法アイテムとの融合で水が湧き出るツボを作りました。

まさに現代知識無双!!

俺の知ってる異世界作品なら、これをきっかけにベタ褒めされて持ち上げられるところですが、おじさんの世界はそんなに甘くなかった。

どうやら宗教的にマズかったらしく、ツボは破壊されたあげくに村の人間に襲われ吊るされかけました。

そんなおじさんを助けてくれたのが

こちらのエルフの女性。彼女はこれからも『ツンデレエルフ』として行く先々でおじさんの前に現れます。

おじさんサタマガを手に入れる

おじさんは熱心なセガのファンで、その人生のほとんどをセガに捧げ、おじさんの人生の柱としてセガは非常に大きな存在でした。

そんなおじさんが昏睡状態から目が覚め、セガサターンマガジンの最終刊を手に入れゲーム人気投票の結果を見ました。

そして。

ものっすごいキレた。

しょうがないよね。ガーディアンヒーローズ面白いもんね。これがどんなゲームか知らない方は、この記事の最後の方にyoutubeで見つけてきた動画が貼ってあるのでぜひ見てみてください。

本当に面白いんですよ。

それからのおじさん

おじさんが魔炎竜というドラゴンを一撃で倒したりします。

この魔炎竜を倒すには、本来ならある村に伝わる『凍神剣』という武器が必要なんですが、その武器は封印されておりその封印を解くために剣の守り手の一族である『メイベル』という少女の心の氷を解かす必要がありました。

が。

おじさんはそのフラグを全て無視して単独で魔炎竜を撃破。

そしてこの事がきっかけでこのメイベルという少女の運命の歯車が大きく狂っていく事になります。

他には、セガの話をしたりセガの話をしたりセガの話をしたり恋バナをしたりします。

世界で7個しかない大変貴重な指輪を強引にツンデレエルフの指にはめようとするシーンです。

なかなかいい雰囲気になるんですが、この後おじさんがとった行動とは・・・。

他には、エヴァを語ったりもします。

という感じで1巻は終了です!

ちなみに、異世界おじさんとありますが、2019年時点でおじさんは35,6歳になるはずなので俺より年下です。悲しい。

おじさんと同じSEGA派として青春を過ごした俺としてはおじさんの気持ちは凄くよくわかるんですが、果たして現代人にどれほど通用しているのかと思わないでもないです。でも、話に出てくるメガドラのソフトはあんまりやった事ない。おじさんはアクション派。俺はRPG派なので相容れない。

最初出オチのギャグ漫画かと思ったのですが、段々風呂敷が広がってきてストーリー的にも面白くなってきそうなので、ぜひ読んでみてください。

画像:「異世界おじさん」コミックス1巻より引用

 

web版を読む

2019年10月現在で1~5話と19話が読めます。こんな感想ブログを読むよりぜひ本物を読んでください!面白いよ!

おまけ

個人的にはガーヒーの真骨頂は対戦にあると思ってますけどね。キャラもレベルも完全ランダムで友達と対戦やると凄い盛り上がる。自キャラのデブの村人が友達の天上神やらの画面全体マップ兵器に吹き飛ばされて、対戦が始まってから終わるまで一度も地面につかない。なんて事もザラ。

スポンサーリンク