スポンサーリンク

【感想】けものみち 1巻 ケモナーレスラー異世界に立つ!アニメと漫画で構成が違う

2019年12月13日

当ブログはその性質上、どうしてもネタバレを含みます。そんなの嫌だ!という方は十分に注意して読んでください。

 

あらすじ

レスラー×ケモノ×美少女の織りなす異世界ファンタジーライフ始まります!

ケモノが大好きなプロレスラー・柴田源蔵は、突如、異世界に召喚されてしまう。源蔵は姫に魔獣を退治して欲しいとお願いされるが、それに怒った源蔵は姫に必殺のジャーマンスープレックスをキメてしまうのだが!? bookwalker作品紹介より

というお話です。原作 暁なつめさん 漫画 まったくモー助さん 夢唄さんです。

登場人物

柴田源蔵:突如異世界に召喚される事になったプロレスラー。リングネームはケモナーマスク。その名が示す通り重度のケモナー。『たかがケモ耳ケモ尻尾くらいでなにがケモナー』と思う人もいるかもしれないが、本当に獣であればなんでもいい。

シグレ:借金のカタとして売られそうになっていたところを源蔵に助けられる。金にうるさい。どちらかといえばダメ人間ばかりの中でわりと常識人。アニメと漫画で源蔵の呼び方が違う。アニメは源蔵さん。漫画はご主人様。もしかするとアニメでもそうなるかもしれないけど。

花子:本名は『ファフニール・ギルドメラク・リンダブレア』という。魔王配下の四大侯爵であるファフニール家の長女。自称ドラゴンハーフ。源蔵と出会った時に偽名で『デストロイヤー花子』と名付けられ、それ以来花子を名乗るように。大食い。美食の旅がしたくて家出し源蔵達と出会う。どうでもいいけどなぜかwikiの名前が間違っている。

カーミラ:本名は『ヴァンシュタイン・カーミラ』という。ヴァンパイア。花子の従者。ケモ耳でもケモ尻尾でもないためにケモナーである源蔵から冷たい扱いを受け続ける。アホの子枠。アクア様ポジション。

ひろゆき:源蔵と共に異世界にやってきた犬。異世界には1匹しかいない貴重な生き物であるために、とんでもない値段がついている。赤字だらけのけものみちを雑誌の取材や写真撮影のギャラで支えている。

ジーク:謎のアリ

感想

アニメと時系列が違うので最初よくわからない

はい!というわけで、今回紹介するのはアニメ化した『けものみち』の1巻です!アニメの方のタイトルは『旗揚げ!けものみち』です。

原作が暁なつめさん。このすばの作者の方です。なので、この作品も原作が小説であるのかと思ったのですがどうやら無いようです。この漫画版が原作で、それがアニメ化した。という事になります。

漫画の方は2017年から連載していたという事でそこそこ前からの作品です。

アニメを見て、なんやこれ面白いやないか!と思って原作の漫画を買って読みました。今5巻まで出てます。

で。

まぁおいおい書いていくわけなんですが、アニメと漫画で話の順番が全然違います。ちょっと違うとかじゃないよ。全然違う。

アニメは源蔵が異世界に来てからの出来事を順番に追っていくんですが、漫画は1話冒頭からいきなりシグレ、花子、カーミラが揃っており、それぞれの出会いを回想という形で振り返っていくんですが・・・。

これ、アニメ見てないと漫画だけ読んでたらよくわからなかったんじゃないか?と思います。

というわけで、紹介していきましょう。

源蔵、異世界に立つ

まず冒頭。カラーページで源蔵が異世界に召喚されたところから始まります。アニメだと、試合前の控室みたいなところから呼び出されてるシーンがあるんですが、漫画はいきなり召喚後から。

なので『ケモナーマスク』と言われても正直なんの事なのかわからないです。恰好からレスラーだろうという想像はできるんですけどね。

で。召喚したお姫様に『魔獣を倒してほしい』的な事を言われてそれにキレてお姫様にジャーマンかまして逃亡します。

それから。

なんと、突然半年が経過。

花子と共に近所の猫『あけみ』を勧誘しようとするところから話が始まります。

そこに、突然源蔵を『ご主人様』と呼ぶ獣人シグレが登場。『やっと手に入れた念願のお店』としてペットショップけものみちが紹介されるわけですが・・・。

なんでペットショップなの?という感想です。一応それが夢だった。という説明はあるんですけどね。

アニメだと、ギルドに登録してハンターとしての仕事をこなしながら魔獣を捕獲して、依頼でお金を稼いで店を経営する。という順番があるんですが、ハンター時代はこの時点では全カット。こっちが原作なのでカットというのもおかしいんですけどね。

各キャラの説明もほとんどなく、なんかよく知らないキャラが集まってきてなぜかペットショップを経営してる元レスラー。という感じ。

そしてつらつらと説明っぽい会話が続きまして一同はグリフォンの捕獲に向かう事になります。

vsグリフォン

一部尊い犠牲を出しながらも(カーミラが食われた)なんとかグリフォンの子供を捕獲する事に成功しました。

グリフォンの子供さらってくるとか、源蔵悪い奴じゃないか!と思うんですが、どうやらグリフォンは1度に2匹の子供を産み、戦わせた後勝った方だけ育てる習性があるようで、負けた方は育児放棄されるらしいです。

だったら1匹くれよ。というわけでもらってきました。なんというか、こういう事にも一応はそれらしい理由が無いといけないなんて、世の中世知辛いなぁと思わないでもないですけどね。

苦労して捕獲してきたグリフォンの子供を、ちゃんと売れるようにしつけするけものみちのメンバー。

そして、グリフォンの子供がいるという噂を聞きつけた貴族がそれを買いにくるわけですが・・・。

響子(グリフォンの名前)を売るにふさわしくない人物だと源蔵が判断。ジャーマンぶちかまして撃退しました。

お店の支払いがヤバイ

店を始めるにあたって作った銀行への借金が、今月分返せ無さそうでマジやばい。という話。

『もし支払いが滞ったらシグレが体を売って返す』という、結構過酷な条件に対してけものみちのメンバーはどうするのか!

この話の中で『源蔵はそこそこのダメ人間』というのが明らかになります。

肉体労働で稼いだ金は大した金額にならなかったのでギャンブルで儲けようとして失敗するので。

いよいよ追い込まれたけものみち。果たして借金はどうなってしまうのか!シグレはドナドナされてしまうのか!

シグレとの出会い

3話目にしてついに、アニメ1話相当の話が始まります。源蔵とシグレとの出会いについて。

1話冒頭でカラーページでの異世界召喚直後から話は始まります。

まずは姫にジャーマン。アニメでも思いましたが、素人相手にジャーマンは死んでしまうのではないか心配です。床固そうだし。

お尻丸出しの姫に紳士的対応をするも追われる身になってしまった勇者ケモナーマスク。

城を追われ、行くあても無くさまよう野良レスラーになってしまった源蔵。

城の近くにいては追手がわずらわしいのでそこから逃げ出し、一週間ほどでなんとか近くの村に流れ着きました。

作風がギャグだから流されてるけど結構エグイ扱いですよね。なんの心構えも特典も無しに異世界に勝手に呼ばれてさまようとかかなり無理ゲー。

コンビニで目を閉じて開けたら異世界だった。というスバルきゅんなみにスタートが厳しい。

その流れ着いた村でチンピラの獣人コンビにからまれ、その兄貴分をナデ堕とす源蔵。

アニメでこのシーンを見た時に『これは面白い!』と思いました。何回見ても勢いで笑う。

この後、このチンピラコンビの親玉であるエドガーと、売られそうになっているシグレと出会いエドガーにジャーマン。狼の獣人であるシグレを助けます。

アニメでも同様のやりとりがありアニメではなんとなく流されますが、漫画版では実際に体で払ってもらっています。肉体労働とかそういう事ではないですよ。

最中の描写はありませんが、すげぇ気になるので見てみたい。

特にいやらしい関係というわけではなく『ご主人様の気が済むまで耳と尻尾を触らせてあげただけ』という事だそうです。

で、なーんだそんな事か。とこの話を聞いていたカーミラ&花子も、そして読者もそう思うわけですが・・・。

源蔵が『言葉にすればそういう事なんだが実際見てもらえればわかるだろう』と実演しようとしてシグレに拒否されます。

つまり、言葉で聞く以上に凄いリアクションが期待できる。という事なのでは?しかも『あんなに喜んでたくせに』とは?そんなに?超気になる。

異世界転生やら召喚の主人公と言えば割と10代の若い子が主役な話が多いと思うんですが、源蔵は何歳という描写は無いものの明確に社会人だったわけで、大人です。飲酒もします。

こういうちょいエロみたいな事にも割りとクールなんですよね。顔を真っ赤にして否定したりとかしない。

で、ここからさらにハンター時代の話が簡単に回想で触れられます。

この『ハンター時代の回想』なんですが、なんとわずか見開き2ページ。しかもセリフも一切無しで絵のみで描写されます。半天狗の人生くらいの描写。半天狗の方がセリフあった。

この絵だけからあのオークキング戦を作ったのかと思うとアニメスタッフ凄いと思いますよ。

あの『異世界物なのにプロレスやってる感』が面白かったです。そらギャラリーもうぉぉぉ!ってなるわあんなん。

そして続く4話では花子との出会いが描かれる途中で1巻は終わり。

最初にも書きましたが、とにかく時系列順でないのが惜しい。アニメ見てから漫画読むと面白いんですよ。知らない話からスタートするので。

でも、漫画の方が先なのでこれから読んだ人はどう思ったのかちょっと気になります。最近本は電子書籍でbookwalkerで買うんですが、そこの評価欄のコメントでもあまり良い評価ではなかったんですよね。

ただキャラが出揃ってちゃんと説明が終わってからは面白いですよ。たぶん漫画版の作者は花子大好きなんだと思います。ちょいちょいシグレの内職を食べる描写が可愛いので。

残念なのは、もう別にレスラーじゃなくてもよくね?というくらいにレスラー要素が無いこと。アニメはオークキング戦は熱いプロレスだったんですけどね。

あと、現在アニメ3話で単行本1冊分くらいの話が進んでしまい、単行本は5巻までなので、もしかしてこれ追いついちゃうんじゃね?それか、後半アニオリだらけになるんじゃね?というところが心配ですかね。

このすばの小説は逆に結構原作はしょったのに。

まぁとにかく、アニメも現在絶賛放送中!面白いのでぜひ見てください!漫画も、ぜひ読んでみてください!

画像:「けものみち」コミックス1巻より引用

 

おまけ

めちゃくちゃカッコいいですよねOPの曲。

おまけ2

アニメの技を実写で再現しよう!という企画です。これ、やっぱり姫死んだんじゃないかと思うんですよね。こんな技を初対面の人に固い床めがけて使うとか頭おかしい系ですわ源蔵さん。

もし面白いと思って頂けたなら、Twitter等で拡散やコメントいただけるとめちゃくちゃ喜びますのでどうかお願いします。

スポンサーリンク