最近の投稿

【感想】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 3巻 空手vs八極拳!狂乱の押し売り中国人をついに強がヤってしまう?

当ブログはその性質上、どうしてもネタバレを含みます。そんなの嫌だ!という方は十分に注意して読んでください。

前回までのTSUYOSHIは

あらすじ

最強を求める者が必ず辿り着く存在・川端強。しかし、本人はいたって普通のコンビニ店員だった。そんなツヨシの日常を中国武術省からの刺客“中国四拳勢”が破壊していく。少林拳・洪家拳・太極拳・八極拳……四千年の歴史を背負い、人生のすべてをかけてきた彼らの努力は、“最強の男”にどこまで通用するのか!? そして、コンビニの同僚チンさんとツヨシとの淡い恋の行方は!? ハイテンション格闘ラブコメディ、第三巻! bookwalker作品紹介より

というお話です。作者は丸山恭右さんです。

登場人物

川端強:最強の男。チンさんが連れてきた中国からの刺客に狙われる。今回あまり出番が無い。

星崎愛之助:強の押しかけ弟子。今回のメイン。

リュ・ジーフェイ:中国からの刺客最後の1人。幼少の頃から八極拳を学ぶ。

感想

今回はあんまり金的は無いです(でかいのがあります)

はい!というわけで、今回紹介するのは『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』の3巻です!当ブログでたぶん1,2を争う人気記事です。面白いよね。というのと、バナーでよく見て気になる。という人がいるんですかね。

ではさっそく紹介していきましょう!

中国からの刺客最後の1人

かなりの実力者っぽかった太極拳の使い手を倒し、ついに最後の1人となった中国からの刺客。『李書文』の再来と言われた男『呂志飛(リュ・ジーフェイ)』

ジーフェイのちょっとした過去の回想なんかも挟み、太極拳vs八極拳の中国武術の歴史を変えるかもしれない戦い』がついに始まる・・・!!

と、いうところで、突然事件は起きました。

いきなりジーフェイに向かって石を投げる星崎。何が起きたか理解出来ない周囲をよそに、さらに次の手に出る!

不意打ちの投石からの目つぶしとか、空手家というか人としてどうやねん。と思わないでもないですね。

2巻ではファミレスでいきなり殺人級(おおげさではない)の連続コンボをかましたりしましたから、ちょっとアクセルとブレーキのバランスがおかしいタイプの人間ですね。

(2巻より。舞台はファミレスです)

ちょっと大切な部分のネジが外れた感じの星崎が言うには『俺と戦って勝てないようならどうせ川端さんにも勝てないのだからまずは俺と戦え』という話。

ここで星崎の過去の回想を少し挟んで、舞台を強の通うアトリエから公園に移してのジーフェイvs星崎の戦いが始まります!

ここからジーフェイvs星崎の戦いが繰り広げられるわけですが、やはり格闘漫画の格闘シーンは切り取ったその場面だけでなくちゃんと流れとして読んでいただきたいので、その辺はぜひ実際に読んでみてください。

『どっちが勝つのか』とか考えながら読むのも格闘漫画の醍醐味だしね。

でも、実は3巻はここからほぼジーフェイvs星崎の戦いが描かれているので、もうあまり書く事が無くなってしまったわけなんですが。

で、ここの戦いでも八極拳の技として裡門頂肘(りもんちょうちゅう)鉄山靠(てつざんこう)が登場するわけなんですが、バーチャ世代の俺としてはちゃんと技が頭の中で動くんですが、もしかして最近の人はバーチャファイターを知らないかもしれない。

というわけで。

戦いの絵はありませんが、八極拳というのはだいたいこんな感じですよ。というのがわかる動画を用意しましたので、これを見て戦闘シーンをイメージしてください。

 

というわけで、だいたいイメージはつかめましたでしょうか?このように、八極拳というのは『空中に浮かせてナンボ』の格闘技です(違う)

実はこの動画はバーチャファイターでは無かったりしますが、いいじゃないですか細かい事は。

というわけで、公園を舞台に繰り広げられる空手vs八極拳!果たして勝者はどちらに!!

他の巻も読む(カテゴリ一覧へ)

webで読む

サイコミです。アプリ版なら3巻の話も一応無料で読めますので、気になったらぜひダウンロードしてみてください。

bookwalkerで買う

 

 

 

 

他にもおすすめ

スポンサーリンク